設計・生産技術者のためのファクトリーオートメーションを推進する生産システムの技術情報サイト

生産システム設計.com お問い合わせはこちら
TOP 生産システム 配電盤・制御盤 プログラミング 提供サービス セミナー情報 技術相談室
東亜エレクトロニクス株式会社 TOA Group セットトップボックス トレーサビリティ 制御盤シミュレーション 東海電気電子
ヘッダー背景

省配線化による現場工数削減

工程変更を容易にする

before beforeimg

工程変更時に部品棚を移動する際に多芯ケーブルの配線を外す必要あり多芯ケーブルの取り回しを変える必要があります。 この作業には電気の知識のある人が施工しなければならない為、時間と工数がかかります。

ビフォーアフター
after afterimg

工程変更時に、分岐BOXのコネクタを抜き、棚を移動した際に近くの分岐BOXにコネクタを挿します。工程変更の作業が電気の知識が無くても、誰でも容易に短時間で実施できます。

制御盤と棚間を省配線化する事により、制御盤を小さくする事が出来る為設置場所の制限が少なくなり、配線工事時の工数削減、運用時には現場側で棚の移動が可能な為、現場のカイゼンに対し直ぐに対応が可能です。