設計・生産技術者のためのファクトリーオートメーションを推進する生産システムの技術情報サイト

生産システム設計.com お問い合わせはこちら
TOP 生産システム 配電盤・制御盤 プログラミング 提供サービス セミナー情報 技術相談室
東亜エレクトロニクス株式会社 TOA Group セットトップボックス トレーサビリティ 制御盤シミュレーション 東海電気電子
ヘッダー背景

液晶テレビを使用したアンドン

PLC、PC連携

before beforeimg

生産ラインのライン状況に応じその時々に対応する為に必要なアンドンですが、ランプを使用して表示を行っているため、ON、OFFの表示パターンしかなく、外乱光により、点灯しているかの様に見え視認性が劣る場合や、玉切れしていてもすぐに判断がつかない為、対応が遅れライン停止等が発生する可能性があります。 ランプを使用したアンドンの場合、工程数により全体のサイズが大きくなり、設置場所が限られてしまいます。

ビフォーアフター
after afterimg

液晶テレビを使用する事により、通常は生産実績表示板の内容を表示し、ライン状況に応じ表示を変化させ、重要な表示にリアルタイムに切り替えることにより、認識性がよくなります。 アンドンの設置場所に応じ画面サイズを変更出来、モニター分配器を使用すれば、プログラムレスで複数個所に同様の情報を表示する事が出来る為、アンドンが見えない死角へ設置することにより、アンドンをどの場所でも見る事が出来るようになります。

アンドンとして液晶テレビを使用する事により、その生産ラインに合った表示を柔軟に行うことが出来る為、視認性に優れ、設定で文字を変更出来るようにすれば、その後のメンテナンス費を削減出来る為、トータルで費用を抑える事が可能です。