設計・生産技術者のためのファクトリーオートメーションを推進する生産システムの技術情報サイト

生産システム設計.com お問い合わせはこちら
TOP 生産システム 配電盤・制御盤 プログラミング 提供サービス セミナー情報 技術相談室
東亜エレクトロニクス株式会社 TOA Group セットトップボックス トレーサビリティ 制御盤シミュレーション 東海電気電子
ヘッダー背景

タッチパネルを使用したトレーサビリティ

小規模トレーサビリティー

before beforeimg

これから生産ラインに、求められるトレーサビリティです。各測定器、検査機、組付け機、組付けラインなどよりPLCが持っている情報を、パソコンを介して情報を収集します。利点として設備をネットワークで接続し一括管理が出来る事が挙げられます。大規模なシステムにおいては、この方法でトレーサビリティを行う方が利点として多いのは確かですが、短所として、パソコンの専用プログラムソフト作成コストが高くなる為、小規模システムでトレーサビリティを行うには不向きです。

ビフォーアフター
after afterimg

小規模なシステムでも、トレーサビリティーが欲しい。簡単にコストを掛けずに履歴が取りたいなど、設備の規模に合わせたシステムとして提案します。パソコンを使用せず、タッチパネルにある既存のシステムを使用し情報を収集します。PLC側のソフトには、プログラムが必要となりますが、パソコンを必要としないシステムの為、そのプログラム作成コストは発生しません。簡易トレーサビリティーと言う位置付けです。

小規模なシステムのトレーサビリティーとして、コストを掛けず、既存のシステムに手を加え履歴管理を行います。パソコンを使用しない事で、設計コストを大幅に削減しています。  また、これまでもデータの保存が可能な機器も存在しますが、改めてその機器を購入する事もありません。(※1)。 (※1)タッチパネルにデータのサンプリグなどを行う機能がある事が前提となっています。