設計・生産技術者のためのファクトリーオートメーションを推進する生産システムの技術情報サイト

生産システム設計.com お問い合わせはこちら
TOP 生産システム 配電盤・制御盤 プログラミング 提供サービス セミナー情報 技術相談室
ヘッダー背景

制御盤内の照明機器としてのLED照明の普及

制御盤の多くは盤内に専用の蛍光灯を取り付けします。従来の制御盤では蛍光灯で白熱式が多かったのですが、最近では徐々にLED照明に切り替わってきています。盤内の照明をLEDと選定する理由として、消費電力の少なさと長寿命からくる、従来の蛍光灯より交換時期が長持ちする事で環境にも優しいなど利点が多いことがあげられます。

近年、各製造メーカーが生産を増加しています。制御盤で使用するLED照明の数が増えてきていることにより、各製造メーカーが様々なサイズ、形状のLED照明を発売していますので、従来の蛍光灯よりも選択しやすい状況になっています。LED照明を使用することで省スペース化(蛍光灯と比較して薄型にすることも可能)もできメンテナンスもほぼ不要となる等、メリットも多くなっています。商品価格が蛍光灯より若干高いのがデメリットとなっていますが、メンテナンスが楽な事と高寿命であることで採用される会社が増加しています。

東亜エレクトロニクスは環境に易しいLED照明を使用するよう提案しております。