設計・生産技術者のためのファクトリーオートメーションを推進する生産システムの技術情報サイト

生産システム設計.com お問い合わせはこちら
TOP 生産システム 配電盤・制御盤 プログラミング 提供サービス セミナー情報 技術相談室
ヘッダー背景

AGV台車の位置情報と走行制御

AGV台車が走行中の位置情報と、走行制御をコントロールする方法として、
マークプレート方式が採用されそこにはRFIDが広く使用されています。
RFIDにはアクティブタイプと、パッシブタイプが有り、近距離タイプの小型の電池レスのパッシブタイプが
多く採用されています。
13.56MHz帯を使用したRFIDは、国際規格ISO/IEC18000-3(ISO/IEC15693)に準拠しており
海外でも安心して使用することが可能です。

AGV台車には、RFIDタグ読取り機器が設置されており、走行中にタグに書き込まれたデーターを読み取ります。
読取ったデーターはAGV側から無線通信で管理制御盤に送信され、管理制御盤のプログラム上でAGVの走行場所と走行制御をコントロールする絶対値として処理をします。
使用するRFIDタグのデーターは数値をアドレスとして使用する場合が多く、数値を絶対値としてプログラム上で処理をします。
この絶対値でプログラム上でのAGVの位置情報、走行制御をコントロールする指示が決められています。

例えば、一つ目の絶対値001を読取りした場合は通常速度から減速、二つ目の絶対値002を読取り した場合は左分岐開始、三つ目の絶対値003を読取りした場合は、左分岐終了、 通常速度に戻すなど、絶対値に指示情報を決めてAGVの走行制御をコントロールしています。 AGVの走行ルートに設置されるRFIDタグは、それぞれ意味を持っており、RFIDタグを順番に読むように設置しています。 RFIDタグの読み飛ばしが発生した場合はAGVが走行異常で停止します。

上記のような制御方法が一般的には多く採用されてます